有料老人ホームや、障がい者向け就労支援事業などの福祉サービス事業を始めるにあたり、各自治体では、様々な基準が設けられています。

障がい福祉サービス事業は障害者自立支援法、介護サービス事業は介護保険法により、それぞれの種類ごとに、人員に関する基準、設備に関する基準が設けられており、指定を受けるためには、これらの基準もクリアすることが必要です。

行政書士は、これらの基準をクリアするために必要な書類作成や手続を代理します。

また、「介護タクシー」「福祉タクシー」など、要介護者や身体障がい者などを輸送する運送業についても、許可要件が定められていますので、詳細はお問い合わせください。

 

暮らしに役立つ相談

    

    

ビジネスに役立つ相談